Illustrator 文字を入力する【基本編】

Pocket

イラストレーターCS3を使用した名刺の作り方ガイドです。

名刺に社名や名前、住所電話などの文字を入力する方法です。

イラストレーターでの文字の入力方法は、文字エリアを作ったり、パス上に入力するなど何種類か方法がありますが、基礎的な文字ツールのみ使えれば名刺の制作は可能です。

文字の入力方法

12051801

最初に文字ツールを選択します。

次に、文字を入力したい場所をクリックすると、カーソルの形が変わり、文字が入力出来るようになります。

12051802

文字の入力を確定させるには、comandキーを押しながら、適当な場所をクリックします。

12051810

入力した文字を移動させるには、選択ツールを使用します。

又、入力した内容を変更する場合は、文字をダブルクリックすると、再編集が出来ます。

12051803

文字の詳細を変更するには、ウィンドウ/書式/文字を選択します。

12051804

文字パネルが現れます。簡単に説明しますと、

  1. フォントの名称
  2. フォントの太さやスタイル
  3. フォントのサイズ
  4. フォントの縦横比
  5. 改行間隔
  6. 文字の間隔
  7. フォントのサイズ

    さまざまな単位がありますが、このガイドでは pt(ポイント)を使用します。

    1ポイントは約0.352mmです。Wikipedia ポイント

    12051805

    この文字パネルを使用して、さまざまな文字調整を行います。

    例えば、住所と電話番号を選択したままフォントの名称をクリックすると、フォントの変更が出来ます。

    12051806

    ヒラギノ明朝ProN、w6を選択します。

    表示フォントが変更されました。

    名刺の文字サイズ

    文字のサイズを決める時に大切なのは、視認性ではないでしょうか。

    あまり小さなフォントサイズは使わない方が無難です。

    12051807

    一般的な名刺フォントサイズ

    住所電話は最低でも6pt以上が良いのではないでしょうか。

    わたしは老眼なので、8ptくらいある名刺が好きです。

    名前や社名は12pt〜20ptくらいがバランスが良いと思います。

    (つづく)

    次のページ→Illustrator 名刺への文字入力【サイズと間隔】

    スポンサーリンク

    Pocket

    スポンサーリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ