スポンサーリンク

Illustrator 名刺への文字入力【サイズと間隔】

イラストレーターCS3を使用した名刺の作り方ガイドです。

イラストレーターに文字を配置して、下図の作例名刺を制作してみます。

12051901

文字の入力方法【アートボードの拡大や縮小の仕方】

最初に文字を入力してから、次にフォントサイズを変更してみます。

文字を入力する場所は、とりあえずは適当な位置でかまいません。後から正確な位置合わせをおこないます。

12051902

アートボードは 表示/ズームインもしくは 表示/ズームアウトで拡大や縮小が出来ます。作業のしやすい大きさに合わせて下さい。

拡大のショートカットキー 【comand】+ プラスキー

縮小のショートカットキー 【comand】+ マイナスキー

表示中のエリアを動かす場合は、手のひらツールを使います。

アートボードをマウスでクリックしながらドラッグすると、画面の移動が出来ます。

手のひらツールのショートカットキー 【H】(英数字入力モード時に限る)

文字の入力方法【フォントのサイズと文字間隔の変更】

それでは、実際に文字を入力していきます。

作例はあくまでも目安です。フォントは小塚ゴシックを使用してみました。

12051903

最初に社名を入力します。
入力した文字を選択ツールで選択してから、文字パレットの各種数字を変更します。まずは大きさを15ポイントに変更します。

12051904

文字の間隔を拡げたい時は、AVの数字を変更します。数値が大きくなるほど、文字間隔が拡がります。100と入力します。

12051905

有限会社の部分のフォントサイズを小さくする事も出来ます。

文字をダブルクリックして、編集モードにします。次に、マウスでフォントサイズを変更したい部分だけドラッグして選択します。

12051906

有限会社が反転表示されている状態のまま、フォントサイズを9ポイントに変更します。

有限会社の文字だけが小さくなりました。

12051907

同じように、名前を入力しましょう。フォントサイズは15ポイントにします。

入力したら、文字間隔を100にします。

12051908

社名のときと同様に、営業の部分だけを選択した状態でフォントサイズを変更します。

名前が出来上がりました。

12051909

ヨミガナをローマ字で入れてみます。

大きさは7ポイント。文字の間隔は名前のサイズに合わせてみました。

文字間隔は、AVの隣にある矢印キーで微調整が出来ます。

次に、名前とローマ字をグループ化してみます。

(つづく)

次のページ→Illustrator 名刺への文字入力【文字のグループ化と文字詰め】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ