スポンサーリンク

Illustrator 名刺への文字入力【整列を利用した配置方法】

イラストレーターの整列機能を使って、文字を揃えてみましょう。

オブジェクトを整列させる時は、基準となるキーオブジェクトを選択します。

イラストレーターを使った名刺への文字の入力編・第6回目です。バージョンはCS3です。

キーオブジェクトを指定した整列方法

イラストレーターの整列機能を使用する時は、移動の基準となるキーオブジェクトを指定しないと、意図しないズレが生じてしまいます。

12052420

例)キーオブジェクトを指定しないで、名前を中央に揃えようとしたら、外側のガイドもズレてしまった。

整列の基準オブジェクトの選択の仕方

名前のグループを名刺の中央に揃える場合。

  1. shiftキーを押しながら、名前とガイド線の両方を選択します。
  2. 選択出来たら、shiftキーから手を離します。
  3. 整列の基準となるガイド線をもう一回クリックします。
  4. 整列パレットで移動させたい項目を選びます。

12052421

見た目は変わりませんが、整列はガイド線を基準として移動します。

12052422

垂直方向・中央に整列をクリックします。

12052423

名前のグループが、縦を基準として中央に整列しました。

12052424

次に、水平方向・中央に整列をクリックします。

12052425

名前のグループが、名刺のちょうど真ん中に揃いました。

キーオブジェクトの変更の仕方

再度、クリックして選択し直せば、他のオブジェクトを基準に移動が出来ます。

名刺の中央に整列した名前のグループを、住所電話に揃えてみます。

12052426

  1. shiftキーを押しながら、名前と住所電話の両方を選択します。
  2. 選択出来たら、shiftキーから手を離します。
  3. 整列の基準となる住所電話をもう一回クリックします。
  4. 整列パレットで移動させたい項目を選びます。

12052404

整列パレットで、水平方向左に整列をクリックします。

12052427

住所電話を基準として、名前のグループが移動しました。

次回は、文字をアウトライン化してみます。

(つづく)

次のページ→Illustrator 名刺への文字入力【アウトライン化】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ