スポンサーリンク

Illustrator 名刺への文字入力【アウトライン化】

イラストレーターで制作した名刺データを、印刷会社へ入稿する際は、文字のアウトライン化を行います。アウトライン化を行わないと、文字詰めがズレたり、フォントの置き換わりなどのトラブルが発生する事があります。

イラストレーターCS3で、文字にアウトラインをかける方法をご説明します。

文字のアウトラインを実行すると、元に戻せなくなりますので、必ず別名で保存か、別レイヤーにコピーして下さい。

文字のアウトライン

フォントで表示されている文字データを、図形に変換する事をアウトライン化といいます。

12052801

文字にアウトラインを掛けると、上図のようにベジェ曲線のオブジェクトに変換されます。

文字をアウトライン化する方法

12052802

アウトラインを実行したい文字を選択してから、書式/アウトラインで変換する事が出来ます。

ショートカットキー 【comand】+【shift】+ O

アウトライン化の際は、文字の孤立点などのアウトライン漏れに注意しましょう。

12052803

アウトラインを行う際は、孤立点を残さないように注意します。

孤立点

文字を入力しようとして、途中からやめたりすると、フォントの情報がアートボードに残ってしまいます。この残骸を孤立点といいます。

12052806

孤立点が発生しないように、注意して入力するのが一番ですが、簡単に対策出来ます。

アウトラインを実行する際は、最初に選択/すべてを選択をクリックします。

ショートカットキー 【comand】+ A

12052805

全てのオブジェクトが選択されますので、次に書式/アウトラインをクリックします。

12052807

これで、全ての文字のアウトライン化が出来ました。
忘れずに、別名で保存しましょう。

うっかり別名保存を忘れてしまったり、何かをやり直したい時は、編集/取り消しで元に戻せます。ショートカットキーは、【comand】+ Z です。

(つづく)

次のページ→名刺印刷向け【QRコードの作成方法】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ