スポンサーリンク

イラレとは?

正式には、イラストレーター(Illustrator)と呼ばれています。アドビ(Adobe)社が発売しているドロー系のグラフィックソフトです。現在の最新バージョンは CS6 です。

ドロー系(ベクトル系とも言います)画像ソフトとしてのイラストレーターの大きな特徴は、パス(ベジェ曲線)を使って描画を行う為、拡大縮小しても画像が荒れたりしない事です。座標を利用した正確なオブジェクトの移動や修正、複製なども簡単な操作で可能です。

イラストレーターは、印刷会社に印刷データを入稿する場合の標準的なデータ形式です。その為、名刺、イラスト・フライヤーの制作などを手がける印刷物の制作現場では業界必需品的なソフトとなっています。

 

ソフトのお値段

大変高機能なソフトウェアですが、欠点は値段が高い事です。Illustrator CS6を単体で購入すると、アドビストアで 80,000円位します。結構なお値段ですネ。

お得なおまとめセットとして、 Creative Suiteなるものも発売されています。Adobe Creative Suite Design Standardの場合、Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)にIn Design(インデザイン)とAcrobat(アクロバット)が含まれていて、お値段189,000円です。

 

Adobe Creaitive Cloud

2012年の5月11日から、Adobeでは年間契約の定額制サービスが開始されます。年間契約の場合、毎月5,000円の料金で、現在発売中のすべてのAdobe Creative製品が使用することが出来るようになります。

Adobe Illustratorの購入を検討する場合の選択肢の一つになるでしょう。

参考記事【名刺屋・印刷のネタ帳】

学割でイラストレーターを購入する

アドビの定額制始まります【Adobe Creative Cloud】

 

当ブログの記事・画像はIllustrator Mac版 CS3を使用しています

名刺屋業界では、名刺の専用印刷機などの周辺機器の対応が遅れているため、Illustratorの古いバージョンを利用している業者が多いのが現状です。弊社では二世代ほど古い『 CS3 』を使用しています。今後の各記事のスクリーンショットはMacでのCS3の操作画面となります。


次のページ→Illustrator 名刺用の新規ドキュメントの作成方法

スポンサーリンク

One Response to “イラレとは?”

  1. Fukuchan より:

    test

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ