スポンサーリンク

Illustratorの使い方【線の配置方法】

イラストレーターのドキュメントに、ガイドを利用して、線を整列させて配置してみましょう。

名刺用データを作る場合に、線や図形オブジェクトを名刺サイズぎりぎりまで配置する場合は、裁ち落とし部分の外側まで、余裕を持たせて配置する必要があります。

イラストレーターCS3を使用した名刺の作り方ガイド・線の配置編です。


12061618

【完成図】名刺に横線を2本引いてみます。

線の引き方

まずは線オブジェクト用のレイヤーを新たに設定します。

12061660

イラストレーターのレイヤー機能

名刺に限らず、イラストレーターにさまざまなオブジェクトを配置する場合は、修正や作業がしやすいように、レイヤーで階層を分けると便利です。

最初にIllustrator トンボの作り方で作ったガイドを、ガイド用のレイヤーから、線用のレイヤーに移動させます。【別レイヤーへの移動やペースト】

12061605

この名刺と同じサイズのガイドオブジェクトを基準に、線を配置します。

ガイドレイヤーは、トンボなどが不用意に動かないように、基本的にはロックをかけておきます。その為にガイド線だけを線レイヤーに移動させます。

12061606

線を引くには、色々な方法がありますが、今回は直線ツールを使ってみます。
直線ツールを選択してから、アートボード上の線を引きたい場所付近をクリックします。

12061607

直線ツールオプションダイアログが現れます。横向き名刺の端まで線を配置する場合は、長さを97mm、角度を0°と入力して、OKをクリックします。

12061608

線が引けたら、線のカラーと太さを指定します。

カラーは塗りと線から選択出来ますが、線オブジェクトの場合は必ずの方に色をつけるようにします。

塗りに色をつけた場合、モニター上では見えていても、印刷するときには表示されない場合があります。

12061609

線に青色を選びました、線幅は1ptを指定しました。

線幅を指定する時は、あまり細い幅だと、きちんと出力されません。印刷方法によって異なりますが、最低でも0.25ptから0.3pt以上を指定します。

12061610

青色で幅が1ptの線が引けました。次にガイドを利用して整列配置します。

線の整列配置方法

12061611

shiftキーを押しながら、ガイドと線の両方を選択します。

整列機能を使う前に、整列のキーとなるオブジェクトを選びます。
【キーオブジェクトの選び方】
ガイドオブジェクトを基準にしますので、一度マウスから手を離してから、再度ガイドオブジェクトをクリックします。

12061612

次に、整列パレットから、水平方向中央に整列をクリックします。

12061613

ガイドを基準として線が配置出来ました。上下方向は矢印キーを使って微調整して下さい。

線の長さが名刺からはみ出ていますが、これは印刷がズレた場合の余裕幅です。
左右とも3mmずつ余裕を持たせています。

もう一本同じ線を引く方法

先程引いた線をコピーしてみます。

12061614

最初に、線だけを選択してから、編集/コピーをクリックします。

ショートカットキー 【comand】+ C

12061615

次に複製しますので、編集/前面へペーストをクリックします。

ショートカットキー 【comand】+ F

12061616

モニター上では、一本の線しか見えませんが、実際にはコピーした2本目の線を選択中です。

12061617

線をドラッグして移動させます。

shiftキーを押しながらドラッグすると、左右に動かないで上下方向にのみ移動出来ます。
又、移動ツールを利用しても同じ事が出来ます。(returnキーを押します)

12061618

名刺に直線が2本引けました。

線の長さを変更する方法

名刺の端まで線を引きましたが、長さを変更する事も出来ます。

12061619

名刺の端より少し内側に配置するには、線を選択してから、Wの数値を小さくします。

現状は97mmになっています。4号名刺のサイズは 91mmx55mmですから、3mmずつ小さくする場合は85mmと入力します。

12061620

線の長さが縮まりました。

線の弾き方には、他にもさまざまな方法があります。

(つづく)

次のページ→Illustratorの使い方【図形の配置方法】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ