スポンサーリンク

Illustrator ロゴのトレース【元画像の配置方法】

イラストレーターでロゴをトレースしてみましょう。

名刺やフライヤー、紙の印刷物を制作する際には、デジタル化したロゴデータが必要となります。

今回は、スキャナ画像やwebからダウンロードした画像から、イラストレーターでトレースを行う方法を簡単にご案内致します。

操作画面は、mac版イラストレーターCS3になります。

イラストレーターでのロゴのトレース方法

大きく分けて二通りの方法があります。

  • ペンツールを利用して、トレースする方法
  • ライブトレース機能を利用して、トレースする方法(CS2以降)

解像度が高く、綺麗な画像が手に入れば、ライブトレース機能が利用出来ますが、通常はペンツールなどを使用して、こつこつとトレースしていきます。

取り込み用の元画像を準備します

最初に、トレースの元となる画像を用意する必要があります。

名刺などの印刷物の場合は、スキャナで画像を取り込みます。

画像の形式はjpgでもpngでもpdfでもイラストレーターに配置出来る形式なら問題ありませんが、なるべく高い解像度がほしいところです。
場合によっては、フォトショップを使用して、トレースしやすいように画像を修正しておきます。

画像の配置・テンプレート配置

画像を配置するには、テンプレートとして配置するか、単純にリンクで配置するかの、二通りの方法があります。

ペンツールを利用してトレースする場合は、テンプレートで配置した方が便利です。

12080801

イラストレーターで新規ドキュメントを開いたら、最初に画像を配置します。

メニューから、ファイル/配置をクリックします。

12080802

配置ダイアログが開きますので、テンプレートにチェックを入れてから、配置をクリックします。

12080803

すると、トレースがしやすいように、自動的に配置画像の濃度が薄くなります。

12080804

配置画像はテンプレートという新しいレイヤーに配置され、自動的にロックがかかります。
トレース作業は、レイヤー1で行います。

画像の配置・リンク

ライブトレース機能を利用してトレースする場合は、リンクで配置します。

12080805

リンクで配置する場合は、テンプレートにチェックを入れないで配置をクリックします。

12080806

通常のリンクで画像を配置すると、画像の埋め込みや編集、ライブトレースが利用出来ます。

画像が傾いている場合の修正方法

ロゴをスキャナなどで取り込む時は、画像が斜めになっている場合もあります。

12080807

ガイドを表示させてみますと、

12080808

右上がりで斜めになっている事が判ります。

このままトレースすると後から何かと不都合が出て来ますので、傾き加減を修正します。

修正するには、フォトショップを利用するのが正確で簡単です。

フォトショップでの傾き加減の修正方法

12080809

イラストレーターに画像を配置したままで、修正することが出来ます。

最初に、画像はリンクで配置します。

次に、画像をクリックすると、コントロールパネルが上記のように変わりますので、
オリジナルを編集をクリックします。

12080810

すると、フォトショップで画像が開きます(イラストレーター初期設定の場合)

12080811

物差しツールを選択して、文字の下部を丁寧にドラッグしながらなぞります。

12080812

マウスから手を離したら、そのままイメージ/カンバスの回転/角度入力をクリックします。

12080813

カンバスの回転ダイアログが開きます。

先程の物差しの傾き加減が、角度に自動的に入力されていますので、
どこも触らずにOKをクリックします。

12080814

傾きが修正されました。

ファイルを保存したら、イラストレーターに戻ります。

12080815

イラストレータードキュメントに戻ると、上のダイアログが開きますので、はいをクリックします。

12080816

すると、配置されている画像の傾き加減が修正されます。

以上で、元の画像を配置してトレースの準備が完了しました。

次回は、ライブトレース機能を使用してみます。

(つづく)

次のページ→Illustrator ロゴのトレース【ライブトレース】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ