Illustrator グラデーション【パレットの基本操作】

Pocket

最近では、ロゴや背景にグラデーションを使用した名刺をよく見かけるようになりました。

グラデーションは、イラストレーターにあらかじめ登録されている、グラデーションスウォッチを利用すれば、簡単に適用するこことが出来ます。

以下の操作画面は、イラストレーターCS3 mac版になります。

グラデーションスウォッチの開き方

12091401

グラデーションスウォッチを開くには、スウォッチパレットの右上にあるボタンをクリックします。

12091402

スウォッチライブラリを開く/グラデーションで各種グラデーションスウォッチを選択します。

12091403

例として、宝石とジュエリースウォッチを選択しました。
グラデーションの向きや色を変更するには、グラデーションパレットを利用します。

グラデーションパレットの使い方

12091404

パネルコーナーにグラデーションパレットが見当たらない時は、
メニューからウィンドウ/グラデーションをクリックすると表示されます。

12091405

色の配置場所はスライダーをマウスでドラッグして移動させます。

センターのスライダーを左にドラッグすると、ハイライト部分が左に移動します。

12091406

グラデーションの方向を変更するには、角度に数値を入力します。

90と入力すれば、直角方向へのグラデーションに変わります。

12091407

グラデーション効果は、線形と円形の二種類が選択出来ます。

12091408

グラデーションの色を変更するには、
スライダーをクリックしてから、カラーパレットでCMYKを操作します。

スライダーの削除と追加

スライダーの数を変更する事も出来ます。

12091420

削除するには、スライダーをマウスでクリックしたら、パレットの外側までドラッグします。

12091410

色を追加する時は、カラーやカラーガイド、スウォッチなどから直接グラデーションパレットに色をドラッグしたら追加する事が出来ます。

カラーガイドの利用方法

グラデーションカラーの色の変化の段階を増やしたい時は、微妙な色の差をもたせたスライダーを
追加して表現します。その場合、カラーガイドを利用すると簡単に行えます。

12091411

カラーガイドを見ると、現在の色を基準として、左側のスウォッチがだんだん濃いめに、
右側のスウォッチがだんだん薄めの色になっています。

濃い色を配置したい時は、
現在の色より濃いめの色を選んで、グラデーションパレットにドラッグすればOKです。

カラーガイドの基準色が変更したい色と違う場合

カラーガイドの基準色は左上に表示されています。

  • 基準としたいグラデーションの色スライダーをクリック
  • カラーの色表示が変更されるので、次にカラーをクリック
  • すると、カラーガイドの基準色も変更されます。

カラーガイドのハーモニールール

12091413

カラーガイドの左上のボタンをクリックすると、ハーモニールールが表示されます。

それぞれ、現在の色を基準として、一定の色のルールにしたがった色の関係になります。
グラデーションなどで近似色を探す時は、類似色ルール・類似色2あたりが便利です。

12091412

自作したグラデーションは、グラデーションパレットに表示されているカラーをスウォッチなどにドラッグして保存すれば、いつでも再利用する事が出来ます。

グラデーション効果・オンデマンド印刷時の注意点

制作した名刺データを、印刷会社にデータ入稿する時に、
オンデマンド印刷で出力してもらう場合はグラデーションの濃度に注意が必要です。

通常、オンデマンド印刷は、薄い色のグラデーションの表現が苦手です。

色濃度が 0%から20%位のグラデーションは、出力が荒くなったりしますのでご注意下さい。
詳しくは、印刷各社にお問合せ下さいませ。

以上、グラデーションの基本的な操作編でした。

(つづく)

次のページ→Illustrator グラデーション【文字への適用・2つの方法】

スポンサーリンク

Pocket

スポンサーリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ