前回 印刷通販 グラフィック・その1【登録とPDF入稿の準備】の続きです。

新規会員登録とPDF設定ファイルのインストールを行いました。

次に、印刷用の名刺データを制作して入稿、校正を行います。今後の制作手順は、

  1. イラストレーターでデータを制作
  2. PDFで保存、アクロバットで内容チェック
  3. データをアップロード入稿
  4. Web上でセルフチェックして校了
  5. 注文の確定と印刷から納品

と、なります。今回はデータの制作と、アクロバットでのチェックをしてみます。

制作環境は Mac OS-X 10.6.8とAdobe Illustrator CS3、Acrobat 8.3.1です。

データの制作

データ制作を行う前に、最初にテクニカルガイドをチェックします。
24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

12112924

メニューからテクニカルガイドをクリックするとアプリケーション別ガイドが載っています。

入稿する際に、思わぬトラブルが発生しないように、よく読んでおく事をお勧めします。

次に前回ダウンロードしたPDF入稿ガイドを開きます。

12112925

イラストレーターのバージョン事の新規ドキュメント設定方法が載っています。

12112926

縦向きの4号名刺(一般的)を作る場合のサイズは、幅55mm、高さ91mmです。

詳細をクリックして、カラーモードをCMYK、ラスタライズ効果は高解像度(300ppi)を選びます。

12112927

トンボ付きの新規ドキュメントを準備します。制作手順は入稿ガイドを参照して下さい。

12112928

文字や画像を配置していきます。

上の例ですと、赤い枠の中が実際の名刺サイズになります。

外側は印刷後に断裁ずれが発生しても大丈夫なように、画像などを配置する時は3mm外側に余裕を持たせます。断裁で切れたら困る文字などは、赤い枠より逆に3mm内側に配置するようにします。

印刷のモードはCMYKです。配置する画像などもあらかじめRGBからCMYKに変換しておきます。
PDF入稿の場合は変換の際に画像も取り込まれますので、画像はリンクのまま配置して大丈夫です。

又、スミ1c(黒色一色印刷)を行う場合は、全てのオブジェクトをグレースケールに変換します。

12112929

PDFに変換すると、フォント情報も埋め込まれるので文字のアウトライン化は必要ありません。
ただし、一部のフォントは埋め込みが出来ないので、心配な場合はアウトライン化を行って下さい。

ショートカット 【comoand】+ A の後、【comand】+ 【shift】+ O(オー)

PDFへの変換

変換といってもPDFにするにはイラストレーターで出来ますネ。

12112930

メニューよりファイル/別名で保存をクリックします。

ショートカット 【comand】+【shift】+ s

12112931

別名で保存ダイアログが開きますので、
フォーマットをクリックしてAdobe PDFを選択してから保存します。

12112932

Adobe PDFを保存ダイアログが開きます。一番上にあるAdobe PDFプリセットをクリックします。

12112933

前回インストールしたgraphic PDFX1a 1.0を選択します。

12112934

すでにグラフィク入稿用の最適なプリセットとして設定されていますので、どこもいじらずにPDFを保存をクリックします。これで入稿用のPDFが出来ました。

PDFをAcrobatでチェック

入稿データのチェックをしてみましょう。AcrobatでPDFを開きます。

12112935

断裁用の余裕も含まれていますので、実際の印刷サイズよりは大きくなっています。

サイズが合っているか、念のため確認してみます。

12112936

Acrobatのメニューより、ファイル/プロパティをクリックします。

12112937

断裁用余裕サイズは縦横上下、各3mmなので、名刺サイズ 55mm x 91mmより、合計6mm大きい 61 x 97になっていればオッケーです。

(このプロパティではフォントの状況もチェック出来ます。アウトライン化している場合はフォント情報が出ません。)

次にプリプライトチェックを行います。

12112938

PDF X1aに準拠しているかどうか確認します。

メニューよりアドバンスト/プリプライトをクリックして下さい。

12112939

プロファイルの中から、PDF/X準拠を探して下さい。(2)のPDF/X-1a:2003への準拠を確認を選択してから、(3)実行をクリックします。

12112940

結果に『問題は検出されませんでした』が出れば大丈夫です。

以上でチェックは完了です。次回は入稿してセルフチェックを行います。

(つづく)

次のページ→印刷通販 グラフィックその3【データ入稿と校正】