オンラインデザイン編集ツールとは、イラストレーターなどのグラフィックソフトを持ってない人でも、クラウド上でオリジナルなデザインの編集が出来るWebサービスです。

クラウド上で操作しますので、ブラウザやOSに依存する事無く、デザインの編集が可能です。印刷通販各社が運営してるサイトが多く、出来上がったデザインデータはサイト運営元の印刷通販会社で印刷してもらう事になります。

今回は私がよく利用してる、グラフィック社のオンラインデザイン編集ツールをご紹介します。

デザイングラフィック

13070700

デザイングラフィック編集ツールを使うには、最初に印刷通販グラフィックでの会員登録が必要です。初回会員登録時には、印刷時に利用出来るポイントが 1,000円分もらえます。

業界最大規模の品揃えを誇る《プリント・メガストア》。「印刷の通販 グラフィック」
13070701

会員登録後、グラフィックトップページから下の方へ画面をスクロールさせると、
デザイングラフィックへのバナーが見つかりますのでクリックします。

13070702

名刺やハガキ、チラシ類の他にもさまざまな種類のデザインが行えます。

最初に、自由につくるか、テンプレートからつくるかを選択します。

自由につくる

自由につくるを選択した場合です。例として、名刺をクリックしてみました。

13070703

最初にオモテ面の向きを決めた後、ウラ面の向きを決めます。

13070704

デザインの編集画面です。

イラストレーターなどと同じように、ペンツールも使えますし、沢山のフォントが利用可能です。素材はあらかじめテンプレートとして多数用意されていますし、自分で画像をupする事も可能です。

テンプレートからつくる

13070705

テンプレートからつくるを選択した場合は、最初に名刺やはがきなどの制作物タイプを選びます。
次に使えるテンプレートが表示されますので、好みのテンプレートをクリックします。

13070706

テンプレートが編集画面に組み込まれます。

文字を打ち変えるだけでも名刺が作れますし、書体やサイズ、配置の変更も可能です。

デザイングラフィックライト

13070701

より操作が簡単に出来て、データが手軽に作れるのが、デザイングラフィックライトです。

13070707

最初に作りたいデザインのテンプレートを選択します。

13070708

編集へすすむをクリックします。

13070709

次に、右下にある文字入力へすすむをクリックします。あとは文字を変更する画面が現れますので、打ち直しするだけで完了です。ただし、書体の変更は出来ません。

どちらのコースを選んだ場合でも、マイページへのデータ保存が可能です。印刷方法や枚数はデータ制作が完了してから選択します。初めての場合でも、画面の指示に従って進めば、印刷注文までスムーズに行えるでしょう。

画像編集ツール

デザイングラフィックでは、画像の編集ツールも無料で使えます。

13070710

トップページに表示される、マイページをクリックして下さい。

13070711

画像編集ツールへのリンクが現れます。

印刷物もクラウドで完結

このように、イラストレーターやフォトショップなどのツールを持たなくても、クラウド上でデザイン編集作業を完結させ、印刷してもらう事が可能です。データを自分で所有出来ないのが難点ですが、すべてのツールが無料で使えますので、かなりお得なサービスでは無いでしょうか?

グラフィックの場合、印刷方法はオンデマンドでもオフセットでもお好きな方法で印刷可能です。

(おわり)