スポンサーリンク

ストックフォトサービスの比較【有料・写真イラスト素材】

ストックフォトサービスでは、名刺・DM、フライヤーなどの印刷物や、Web制作などで使えるロイヤルティフリーな写真・イラスト素材などを有料で販売しています。無料の素材に比較して、高品質・ハイレベルな素材が多いのが特徴です。

amanaimages(アマナイメージズ)・PIXTA(ピクスタ)・Adobe Stock(アドビストック)と三つのストックフォトサービスの違いを比較してみました。


ストックフォトサービスの比較

比較した三社

  • アマナイメージズ
  • ピクスタ
  • アドビストック
  amanaimages PIXTA Adobe Stock
料金(単品購入) 9,500円〜 500円〜 1,180円〜
定額プラン制度 有り 有り 有り
定額制 10,000円〜40枚/月 27,500円〜毎日25点ダウンロード可 3,480円〜10枚/月
素材収録点数 2,500万点以上 2,010万点以上 5,500万点以上
素材の品質
無料素材 有り 有り(週替わり) 無し
検索機能
モデルリリース(人物) 有・無の表示あり 有・無の表示あり 取得済
カンプデータ(72dpi) 有料メンバー提供 1000 x 685 pixel 1000 x 667 pixel
初回割引特典 10% off 無し 画像10点・無償利用

(注)2016年10月現在の情報です(価格は全て税抜き価格)

ロイヤリティフリーとは?

一度購入すれば、使用許諾の範囲内で、有効期限無しで何度でも使える素材です。

ロイヤリティフリーでも素材の利用方法によっては、追加料金が発生する場合があります。

著作権は撮影者に属しますので、素材の使用権利を購入する形の契約といえるでしょう。

amanaimages(アマナイメージズ)

Amana

amanaimages(アマナイメージズ)とは

  • 素材2,500万点以上
  • 日本最大級のストックフォトサービスサイト
  • 高品質な画像が多い!
  • 独占契約画像も購入可能(ライツマネージド画像)
  • Tポイント貯まります♪

amanaimages(アマナイメージズ)は、素材点数が日本最大級ですが、お値段も日本最大級なストックフォトサービスサイトです。

料金・例(72dpi)

  • Sサイズ 640 x 427 pixel程度で 9,500円
  • Mサイズ 2150 x 1434 pixe程度で 18,000円
  • Lサイズ 5616 x 3744 pixel程度で  35,000円

画像の質は、料金にふさわしく、ハイレベル・高品質です。

写真・イラスト、動画や3Dモデリング、音素材、フォント素材が販売されています。

写真素材は、通常の写真・イラスト素材の他にも、ニュース・エンタメ写真や著名人ポートレート。面白いところでは、100年世界史・都市の歴史写真や、年代・年別で探せる日本のアーカイブ写真なども掲載されていて、見ているだけでも楽しいです。

検索機能も使いやすく、除外キーワードの入力や、色のトーン、横・縦方向など細かい絞り込みオプション機能があります。人物画像の場合は、モデルリリース有りの画像だけ探す事も可能です。

モデルリリースとは? ⇒ 肖像権を持つ被写体に写真の使用を同意してもらう肖像権使用許諾書のことです。

カンプは有料メンバーになれば、10MBクラスのカンプデータがダウンロード出来るようになります。(有料メンバーはロイヤリティフリー画像購入10%OFFなど特別割引サービスもあります)

詳しくはこちらから⇒ 写真素材・ストックフォト|アマナイメージズ

PIXTA(ピクスタ)

Pix

PIXTA(ピクスタ)とは

  • 素材2,010万点以上
  • 安心のサイズ別・統一価格制度
  • お得な定額制プランもあり
  • 日本人の画像が多い!(約80万点)
  • 業界別おすすめ素材などカテゴリーが豊富!
  • 検索機能がとても使いやすい♪

PIXTAは、日本発祥の投稿型ストックフォトサービスサイトです。

料金・例(72dpi)

  • Sサイズ 640 x 480 pixel程度(72dpi)で 500円
  • Mサイズ 2400 x 1500 pixel程度(300dpi)で 1,500円
  • Lサイズ 3200 x 2400 pixel程度(300dpi)で 3,000円

素材の使用方法によっては、別途に追加料金が必要です。

写真・イラスト、動画素材が販売されています。イラスト素材は、ベクター・PNG形式でも選べるようになっていますので便利です。

ベクター ⇒ イラストレーター形式データ。aiもしくはEPSファイルで提供。

写真素材は、毎日1万点位追加されています。PIXTは審査に合格すれば、一般人でも自分の作品を登録して、販売することが可能です。現在の登録クリエイター数は約20万人ほどです。

検索機能がとても使いやすいです。背景の指定や色のイメージ、目線・向き・位置。さらには表情やポーズで検索する事も可能です。

お得な定額制の購入プランがあります。最大で素材1点39円から、1日25枚ダウンロード可能となりますので、大量に購入する場合は便利なプランです。

詳しくはこちらから⇒ ストックフォト【PIXTA】

Adobe Stock(アドビストック)

Fotolia

Adobe Stock(アドビストック)とは

adobeが買収した『フォトリア』をベースに作られた、新しいストックフォトサービスです。

  • 素材5500万点以上
  • Adobe Creative Cloudとのスムーズな連携
  • 年間プラン 月額 3,480円〜
  • お得な定額制プランが色々選べる
  • 高品質 Premium collection、他とは一線を画すハイクオリティストック・画像もあり
  • 期間限定キャンペーン 初回、画像10点・一ヶ月分が無料
料金システム

単品購入 1,180円/枚〜

定額プラン

  • 通常画像10点/月 3,480円/月
  • 通常画像350点/月 21,980円/月
  • 通常画像750点/月 24,980円/月

素材の使用方法によっては、別途に追加料金が必要

拡張ライセンス

印刷部数50万を超える部数、画像が製品の重要な部品である場合(マグカップ、Tシャツ、ポスターなど)で利用する場合は、拡張ライセンスで購入する必要があります。

Adobe Creative Cloudとの連携

Adobeの運営だけに、IllustratorやPhotoshopといった主要なCreative Cloud製品との連携が特徴のストックフォトです。

  1. Creative Cloud製品のライブラリからストックフォトを選択
  2. 透かし入りのカンプ画像がアプリ内に保存、デザインカンプの作成が可能
  3. デザインが決定して正式に購入すると、正式なデータに置き換わる

検索、配置、決定、購入までがスムーズで簡単!

初月無料!最初の月は解約料金不要!

定額・通常画像10点/月 3,480円/月プランの場合、最初の月は無料で利用できます。(更新時に通常画像120点まで繰越も可能)

詳しくはこちらから⇒

Creative Cloudとのコンプリートプランもあります。

ロイヤルティフリー・有料素材のメリット

どのストックフォトサービスも、無料素材とはひと味違う、高いクオリティーの素材が多いです。

素材の扱い点数がとても多いので、どこのストックフォトサービスでも検索機能が優れているのが大きな特徴です。素早く検索して、目的の素材を短時間で探し出せるのは、有料ストックフォトサービスを使う上での一番のメリットになるのではないでしょうか。

  • 品質にこだわるなら、アマナイメージズ
  • 日本人素材、検索機能にこだわるなら、ピクスタ
  • 素材点数とAdobe Creative Cloudとの連携なら、アドビストック

アドビストックが人気急上昇中!

運営開始から約1年、素材点数も1,000万点以上増え、豊富な写真、ビデオ、イラスト、ベクターグラフィックが利用できる、注目のストックフォトサービスです。

以上、ストックフォトサービスサイトの比較でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ