イラレでの作り方

Illustrator ロゴ作成【パスファインダ・分割】

2016/07/26

イラストレーターで文字やオブジェクトを分割する時は、パスファインダ機能を利用します。

今回は、パスファインダの分割機能を使って、ロゴを分割してから別々の色を塗り分けてみます。


12072610

完成予想図

パスファインダ・分割の使い方

12072605

分割は、その名の通りに選択した複数のパスを、パスの形ごとにオブジェクトを分割する機能です。

パスファインダパレットが見当たらない場合は、
メニューから、ウィンドウ/パスファインダをクリックしてみて下さい。

12072601

フォントを使う場合は、最初に文字のアウトライン化を行います。

文字のアウトラインは、文字を選択したら、
メニューの書式/アウトラインを作成をクリックします。

12072602

次にパスを分割する為のオブジェクトを用意します。

今回は、楕円形に分割してみます。ツールボックスにある楕円形ツールで円を描きます。

12072603

文字を分割したい位置に、楕円形を配置します。

12072604

両方のオブジェクトを選択したら、

12072605

パスファインダパレットから、分割をクリックします。

クリックしたら、パスが分割されますが、パスの見た目は変わりません、
又、パス全体がひとつのグループになっていますので、次にパスのグループ解除を行います。

メニューから、オブジェクト/グループ解除をクリックして下さい。

mac ショートカットキー 【comand】+【shift】+ G

12072606

これで、パス単位でオブジェクトが選択出来るようになります。
背後の楕円形の形で、文字のパスが分割されています。

12072607

違う色を塗ったり、移動させたりする事が出来るようになります。

12072608

下半分を赤く塗ってみました。

12072609

楕円形部分を選択して、deliteキーを押すと、

12072610

こんな感じで、文字だけが残ります。

分割の応用として

12072620

楕円形ではなくて、長方形で分割しても面白いかも知れません。

12072621

パスファインダ・分割を適用させて、オブジェクトのグループを解除したら、

12072622

はみ出ている、線を削除します。

12072623

出来上がりです。

パスファインダ・分割は、
ロゴタイプ、文字部分だけではなくて、ロゴマークの作成にもいろいろと使える機能です。

(つづく)

次のページ→Illustrator ロゴのトレース【元画像の配置方法】

スポンサーリンク

[ad#ad-ms]

-イラレでの作り方

© 2020 名刺の作り方ガイド