レイヤーに配置したオブジェクトを固定したい時は、レイヤーのロック機能を使います。

イラストレーター CS3を使用した名刺の制作ガイドです。

前回制作したトンボは、不用意に触ると動いてしまいますので、動かないようにレイヤーをロックします。

レイヤーとは

イラストレーターのデータは透明なフィルムのような階層(レイヤー)で管理する事が出来ます。複雑なオブジェクトを作る際には、重なり合ったパスを選択しにくくなるので、パーツ事にレイヤーで分けて管理するのが一般的です。

レイヤーをロックする方法

12051204

前回制作したトンボです。パスを選択出来る状態になっていますので移動が可能です。ガイドが動いたら困りますので、このトンボを配置したレイヤーをロックします。

12051205

まずは、レイヤーパレットの名称を変更します。「レイヤー1」と表示されている部分をダブルクリックします。

12051206

レイヤーオプションが表示されます。

12051207

後から判りやすいように、名前を変更したら、オッケーをクリックします。

レイヤーの名前が「ガイド」と変更出来ました。

12051209-1

次に、レイヤーパレットの目のアイコンの右側のボックスをクリックします。

鍵が表示されました。これでレイヤーのロックが出来ました。

次に、新規レイヤーボタンをクリックします。

12051210

レイヤー2が表示されました。このレイヤーで実際の作業を行います。

(つづく)

次のページ→Illustrator ドキュメントの保存方法

スポンサーリンク