イラレでの作り方

Illustratorの使い方【レイヤーの管理方法】

2016/06/21

レイヤーの管理方法、基本編です。

イラストレーターのレイヤー機能を使いこなせば、複雑なデータも効率よく作ることが出来ます。

名刺など比較的単純なデータを作る時も、レイヤー機能は、地図作成や、企業毎の統一名刺の管理などに、欠かす事が出来ない機能です。

イラストレーターでレイヤー機能を使ってみましょう。

以下、操作画面では、Mac イラストレーターCS3を使用しています。

レイヤーの基本操作

レイヤーとは

よく例えられますが、透明なフィルムが階層になっているような状況をご想像下さい。
一枚のフィルムがひとつのレイヤーになっています。重なっていますので、一番上のレイヤーに配置されているオブジェクトから、順番に表示されるようになっています。

色が塗られたオブジェクトが完全に重なっていると、下のレイヤーにあるオブジェクトは見えません。

イラストレーターで新規ドキュメントを開いたら、右下のレイヤーパレットをご覧下さい。

表示されていない時は、メニューのウィンドウ/レイヤーをクリックして下さい。

12062108

レイヤーの中身を表示させたり、非表示にするには、目のアイコン部分をクリックします。

レイヤーを固定して、操作出来ないようにするには、目の右隣をクリックして、鍵アイコンを表示させます。

12062109

新しくレイヤーを作成するには、新規レイヤーをクリックします。

削除したい場合は、レイヤーをドラッグして、ゴミ箱に入れます。

12062110

レイヤーには、名前をつけた方が、後から管理しやすくて便利です。
レイヤー名を変更するには、名称の部分をダブルクリックします。

12062111

レイヤーオプションダイアログが開きますので、レイヤー名を入力します。

レイヤーの区別がしやすいように、レイヤー事のガイドのカラーはそれぞれ違う色になっていますが、ガイドカラーもここで変更する事が出来ます。

レイヤーで地図を管理する方法

オブジェクト事に、レイヤーを分けておくと、作業効率が上がります。

12062101

上の地図はレイヤーの階層を6つにわけました。それぞれ見てみます。

12062102

一番下は、川にしてます。この上に表示させたい順番でレイヤーを乗せて行きます。

12062103

川の上は、道路と鉄道を配置しました。レイヤーの順番通りに見えて行きますので、
川が道路の下になっています。

12062104

次のレイヤーは建物を配置しました。

建物だけを別レイヤーにしておくと、地図を使い回す時などに便利です。

12062105

さらに上に、文字を配置してます。

文字を入力する時は、下層のレイヤーをロックしておくと、道路や川などが、不用意に移動したりするのを防げます。

12062106

最後が、バス停です。

地図が完成してから、クリッピングマスクをかけますが、その場合レイヤーが統合されますので、あらかじめ別名で保存しておくと良いでしょう。

統一スタイル名刺の管理方法

12062107

こちらは、同じ企業やお店の名刺などで、あらかじめレイアウトが固定されているような、統一台紙名刺用ドキュメントのレイヤーです。

住所や店名などは変更しませんので、統一フォーマットとして使い回します。

単純なスタイルの名刺なのですが、名前だけを差し替えて利用しています。

このように、レイヤー機能を使えば、複雑なデータを作る場合でも、レイヤーの表示やロック機能を利用して、効率よく制作することが可能です。

前回ご紹介しました、アレンジ機能と、うまく使い分けたいですね。
以上、レイヤーの管理方法でした。

(つづく)

次のページ→Illustrator 地図作成【道路の描き方】

スポンサーリンク

[ad#ad-ms]

-イラレでの作り方

© 2020 名刺の作り方ガイド