amazon Adobe最大43%OFFセール中!(8月31日まで)

amazon・セール会場はこちら

Illustratorを購入するには、定額制のAdobe Creative Cloud(アドビ・クリエイティブ・クラウド)の単体プランか、全てのAdobe製品が使えるコンプリートプランのどちらかを選ぶ必要があります。

支払い方法や個人・法人・学生、教職員など、購入する立場によってプランごとに違う価格体系を比較しました。

結論として個人で購入する場合は、

  • 単体プランなら、amazonでセール時に購入。
  • コンプリートプランなら、Adobeが指定しているプラチナスクールパートナーで購入。

するのが、一番お得な購入方法だと判明しました。

(最終更新・2018年8月24日)



 

1805094

amazon・セール情報

単体プランならamazonでセール中に買うのが一番お得!

2018年8月31日23時59分まで、最大43%OFF

amazonでは、8月3日までの期間限定で、Illustrator・Photoshopがレジにて最大42%OFF。

又、20種類以上のアドビソフトが使えるコンプリート版は、レジにて20%OFFのセールを開催中です。

amazon adobeセール会場はこちら

1805091

普段のセールでは、レジに進むとプロモーション割引が適用されますが、今回は最初から割引価格で表示されています。

Illustrator単体12ヶ月版は、41%OFF 26,160円 → 15,360円

Photoshop単体12ヶ月版も、41%OFF 26,160円 → 15,360円

Illustrator + Photoshop 12ヶ月版は、43%OFF 52,320円 → 29,822円

Creative Cloud 12ヶ月版は、20%OFF 59,760円 → 47,760円

(価格は2018年8月24日現在・税込)

amazon・セールの時期は?

定期的にセールは開催されています。

1〜2カ月に一度くらいの割合でしょうか。前回は8月の上旬でした。

一番安くなるのは?

今年は、セールを頻繁に開催していますので、割引率に差は無いようです。最大41%OFFから42%OFFといったところでしょうか。

去年の実績だと、7月のプライムデーの値引率が一番大きかったようですが、prime会員になっている必要があり、又、セールも1日だけでアクセスが集中するため、売り切れてしまい買いそびれるケースもありそうですね〜。

1805092

↑昨年のプライムデーでは、アクセス集中でamazonが見られずに、このページを何回も見ました。

値引き幅も予告があるわけじゃなし、私は、昨年のサイバーマンデーで20%OFFで購入しましたけど、今回の5月セールで12ヶ月版を追加購入しました。

約半額ですよ!安い時に買っておくのが安心ですね。

(シリアルキーを追加登録すれば、自動的にプランの期間も延長されます)

amazon・セール会場はこちら

1805095

2018年 Adobeセール実績(追記あり)

amazonでのセール履歴

2018年5月以降に開催されたセールの内容と割引率は以下の通りです。

2018年5月〜

  • 5月7日〜5月11日 Illustrator/ Photoshop 47%OFF、Creative Cloud 32%OFF
  • 5月25日〜5月31日 Illustrator/ Photoshop 42%OFF、Creative Cloud 20%OFF
  • 7月2日〜7月6日 Illustrator/ Photoshop 42%OFF、Creative Cloud 20%OFF
  • 7月16日〜7月17日 PrimeDay Creative Cloud 35%OFF
  • 7月30日〜8月3日 Illustrator/ Photoshop 42%OFF、Creative Cloud 20%OFF
  • 8月24日〜8月31日 Illustrator/ Photoshop 41%OFF、Creative Cloud 20%OFF
  • 2017年は、PrimeDayが一番お得な割引率でしたが、2018年は、頻繁にセールを開催しているので、今後、どこで最安値になるかは不明です。

    Illustratorはamazonセール期間で, PhotoshopはAdobe公式で購入がお得♪

    わたしの場合

    Illustratorは、amazonでセール中に購入してます。

    Photoshopは、Lightroomがセットになっている、フォトプランを公式サイトで購入しています。

    amazonでは、フォトプランだとクラウド1TBタイプしかなく、クラウド20GBタイプの安価なコースは、公式サイトのみで購入可能です。

    Adobe公式はこちら↓

    プラチナスクールパートナーなら学生・教職員価格のAdobeがついてくる

    コンプリートプランなら、adobeが指定しているプラチナスクールパートナーが一番お得!

    プラチナスクールパートナーとは、特別価格でアドビ製品を提供することがAdobeから正式に認められている、通学・通信教育コースのあるパソコンスクールのことです。

    パソコンスクールと言っても、オンライントレーニング通信講座もありますから、在宅のまま勉強可能です(ストリーミング形式の動画講座あり)

    認定プラチナスクールパートナーは、現在5つのスクールがあります。

    • パソコンスクール ISA
    • アドバンスクール
    • デジタルハリウッド
    • Winスクール
    • ヒューマンアカデミー

    先日、友達が申し込んでました。

    価格体系はどのスクールも似たりよったりですね。

    便利なのは、ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信
    です。

    ヒューマンアカデミー たのまな

    こちらもキャンペーン中に申し込むとお得

    キャンペーン中!学生・教職員個人版・1年(12ヶ月版ライセンス)、29,800円から。

    ソフトだけの値段ではありません。オンライントレーニング通信講座ですから、ストリーミング形式の動画講座がついています。

    よくある質問を抜粋

    法人で支払いをする事は可能でしょうか?
    当校の講座とセットでお申し込みいただきました、アドビソフト(受講生価格)は、「学生・教職員個人版」となります。
    仮に講座とセットで法人/会社でお支払いいただいたとしても、アドビソフトの使用は受講者様個人に限られますのでご注意ください。
    商用利用は可能ですか?
    受講者様個人としての商用利用は可能です。

    3年版のセットコースもあります。

    Amazon Payに対応してますから、amazonアカウントを使って決済できるので支払い情報や配送先情報の入力も不要です。



    アカデミック版通信講座を比較しているページはこちらです → Adobe CCの価格を比較【安いのは誰でも使えるアカデミック通信講座版】商用可

    コンプリートプラン・Adobe Creative Cloud

    1805093

    IllustratorはCS6までソフトとして販売されていました。しかしながらアドビはソフト販売を終了させてしまったので、現在は買取り方式のソフトとしての購入方法は選べません。

    海賊版などにはご注意を!


    アドビ・サポート質問より、https://forums.adobe.com/thread/1823526

    定額制のAdobe Creative Cloudとは?

    毎月払い・毎年払い

    Adobe Creative Cloudは、購入したAdobeのアプリケーションを月額制(サブスクリプション方式)で利用出来るサービスです。

    契約方法には、Illustratorのみ契約する単体プランと、アドビのアプリケーション群を全て利用出来る、コンプリートプランがあります。

    Creative Cloudの価格

    (2018年7月調べ・税抜き・年間プランで月々払いの場合)

      フォトグラフィプラン 単体プラン コンプリートプラン
    個人 980円 2,180円 4,980円
    学生・教職員 980円 980円 1,980円
    法人   2,980円 6,980円

    フォトグラフィプラン

    Photoshop CCとLightroom CCが使えるプランです。

    単体プラン

    Illustrator CCやDreamweaver CCなどお好きなアプリを一つだけ使えるプランです。

    コンプリートプラン

    アドビのアプリ全てが使えるプランです。

    コンプリートプランとAdobe Stockがセットになったプランもあります(個人・8,460円/月)

    Adobe公式ページでも、最大41%OFFセール中!(8月31日まで)

    詳しくはこちら ▷

    コンプリートプランの年額は

    個人購入の場合

    公式サイトで購入するなら、個人の場合は、4,980×12ヶ月x消費税= 64,540円です。

    アプリはダウンロードして使用

    アプリはパソコンにダウンロードして使用します。又、常時ネットに繋がってなくとも大丈夫、オフラインでも使用可能です。

    支払い方法のバリエーションが増えている

    Adobe Creative Cloudのサービス開始時は支払い方法としてはクレジットカード決済のみで、デビットカードは不可でした。

    現在は、銀行振込やコンビニ決済も選択可能となっています。

    Illustratorをメインで使用するなら

    単体 or コンプリート?

    一番お得なプランはアドビの全てのアプリが使えるコンプリートプランです。でも、年間コストは約6万円と、Illustratorだけをメインで使っている人にとっては、ちょっとお高い価格ですね。

    Illustratorを単体プランで選択して、Photoshopが使えるフォトグラフィプランも購入すれば、合計、3,160円/月と安くなりますね。アプリの使い方によっては、こんな選び方もありかもしれません。(併用購入は可能→ アドビ・サポート

    Illustrator CCの新機能

    Illustrator CCはCS6から20種類もの新機能が追加されています。今後もバージョンアップを続けるでしょうし、新バージョンは、Creative Cloudの契約を続ける限り、継続的に使用出来ます。

    以前はCSのバージョンがアップするたびに、新しくソフトを買い直す必要がありましたから、その点は大きな進歩ですね。 新機能の詳細はこちら ▷ Adobe Illustrator CCの新機能

    Adobe Creative Cloudの特徴

    クラウドストレージの利用が可能

    単体プランとコンプリートプランなら、個人の場合は、100GBのクラウドストレージが利用出来ます。

    1回の購入につき、パソコン2台まで(Mac・Windowsどちらも可)インストール可能なので、クラウドストレージにデータを置いて、相互の参照ややりとり保存が簡単に出来ます。

    モリサワフォントも使える!

    Typekit

    単体プランとコンプリートプランなら、Adobe TypeKitが利用出来ます。

    Adobe Typekitとは、通常のフォント利用はもちろん、Webフォントとしても利用可能なプランです。

    日本語フォントと欧文フォントがあります。モリサワフォントは、リュウミンや新ゴ・新丸ゴなど10種類のファミリーが使用可能です。

    常にバージョンアップしていくので新しいMac・OSで継続して使える

    Mac・OSXの最新バージョンは10.13.High Sierraです。Illustrator CS 旧バージョンとOSの対応表によれば、すでにCSシリーズはOS-X 10.9・Mavericks以降には正式対応していません、無理に使うと色々な不具合も発生します。

    私も長いことCS3をOS10.9で使ってましたが、パソコンの買換えを機会に、CCに移行しました。

    Creative Cloudなら、CCは常にOSに合わせて進化していくので安心です。

    OS、10.12 Sierra以降はJAVA6をサポートして無いので、完全にCSシリーズが使えなくなりました!

    最後に

    単体とコンプリート、どっちがイイ?

    わたしの場合は、 Illustrator + フォトプラン

    amazonのセールを狙って、 Illustratorの単体と、フォトプラン(Photoshop+Lightroomのセット)の12ヶ月分を購入しました。当時の購入価格は、合計28,819円でした。

    今後は、セールの開催時期を狙って、早めに追加購入して、IDに有効期限を追加する作戦です。

    初めての購入 or 色々なアプリを使いたいなら?

    アドビ・プラチナスクールパートナーで学割版のコンプリートプランを購入するのをオススメします。

    オンライン講座でアプリの勉強も出来るし、金額的にも、上記の「Illustratorの単体と、フォトプラン」をセール時に購入するのとあまり変わりません。

    プラチナスクールパートナー・ヒューマンアカデミーたのまなの詳細はこちら → アドビソフト+動画講座受講セット 最大82%OFF~

    プラチナスクールパートナーを比較しているページはこちら → Adobe CCの価格を比較【安いのは誰でも使えるアカデミック通信講座版】商用可

    利用方法に応じた最適なプランを

    Illustratorを今後も使い続けるなら、利用頻度などを考えて最適なAdobe Creative Cloudを選ぶことになるでしょう。

    常に最新バージョンで使えるCreative Cloudならストレスフリーでハイスペックな新機能を扱えて、幅広いデザインが手軽に試せます。