スポンサーリンク

Illustrator グラデーション【文字への適用・2つの方法】

イラストレーターで文字にグラデーションを適用させるには、二種類のやり方があります。

  • 文字をアウトライン化してからグラデーションを適用
  • 文字のアピアランス機能を利用してグラデーションを適用

それぞれ、メリット・デメリットがありますし、グラデーションのかかり具合も違って来ます。

以下、操作画面はイラストレーター CS3 Mac版になります。

文字をアウトライン化する方法

普通に文字を入力した後に、そのままグラデーションをかけようとしても、色の変更は出来ません。

12091801

文字を画像化すれば、グラデーションをかける事が出来るようになります。

12091802

最初に、文字のアウトライン化を行います。書式/アウトラインを作成をクリックします。

ショートカットキー 【comand】+【shift】+ O(オー)

12091803

アウトライン化出来たら、
グラデーションスウォッチから、好みのグラデーションをクリックして適用させます。

12091804

文字にグラデーションが適用されました。

アウトライン化されてますので、グループ解除を行えば、変形加工も容易に行えます。
ただし、文字の追加や訂正をすることは出来ません。その場合は最初からやり直しになります。

文字のアピアランス機能を使う方法

アピアランス機能を利用すれば、文字をアウトライン化しなくてもグラデーションが適用出来ます。

12091805

文字を選択したら、アピアランスパレットの右上のボタンをクリックして、
新規塗りを追加をクリックします。

アピアランスパレットが見当たらない場合は、メニューからウィンドウ/アピアランスをクリックして下さい。

12091806

文字に新規の塗りが適用されました。
この塗りにグラデーションをかける事が可能です。グラデーションスウォッチをクリックします。

12091807

アピアランスの塗りにグラデーションがかかりました。

12091809

アウトライン化してないので、文字の追加や修正が可能です。
ただし、印刷会社にデータを入稿する際などには、最終段階で文字のアウトライン化とアピアランスの分割を行う必要があります。

2つの方法のちがいとは

両方を見比べてみましょう。

12091808

同じグラデーションスウォッチを適用させましたが、グラデーションのかかり方は違っています。

アウトライン化をおこなうと、文字の一文字ごとが別々の図形として認識されるため、このような違いが起きます。グラデーションツール(後述)を利用すれば、かかり具合の変更も可能です。

名刺を自分で印刷しないで、印刷会社に入稿するケースを考えた場合、どのみちデータ制作の最終段階では、文字のアウトライン化を実行する必要がありますので、作業の手順や好みで使い分けすれば良いでしょう。

アピアランスの分割方法

印刷会社にデータを入稿する際は、
基本的には文字のアウトライン化とアピアランスの分割を行った方が無難です。

12091810

文字にアピアランスを適用させると、アウトライン化を行うだけではアピアランス効果は残ったままになりますので、アピアランスの分割も行う必要があります。

12091811

アピアランスの分割は、メニューからオブジェクト/アピアランスを分割をクリックします。

12091812

アピアランスパレットから効果が消えたら、OKです。

データ入稿の際は、印刷会社ごとにルールがありますので、詳しくは
各社ごとのテクニカルガイドをご覧下さいませ。

以上、文字へのグラデーションの適用方法でした。

(つづく)

次のページ→Illustrator グラデーション【グラデーションツールの使い方】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ