イラレでの作り方

移動ダイアログ

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 文字入力【影の付け方】

文字を見やすくする方法、影の付け方編です。 イラストレーターに文字を配置した場合に、背景の色と文字の色のバランスによっては、文字の視認性が悪くなってしまい読みにくくなる事があります。 そんな時は、文字に影を付けたり、縁取りしたりと、文字を装飾してみましょう。 名刺などには小さなサイズのフォントを使いがちですが、文字を装飾すると、見た目が引き締まり読みやすくなります。

散布ブラシ

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【散布ブラシの設定方法】

イラストレーターのブラシ機能を使えば、イラストや道路や川を簡単に描く事が出来ます。 ブラシは色々な種類の線がありますが、ブラシライブラリーをよく見ると、『装飾_散布』という項目があります。その名の通り、オブジェクトをパスに沿ってちりばめてくれるブラシです。ブラシを自作して登録する事も出来ます。

地図・ドロップシャドウ効果

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【ドロップシャドウ】

イラストレーターを使った地図の作り方、ドロップシャドウ編です。 今回は、道路にドロップシャドウを適用して、装飾してみます。 ドロップシャドウは、ちょっとややこしいですね。メニューにはドロップシャドウの項目がフィルタと、効果の二カ所にあります。データ入稿の際は、ドキュメントのラスタライズや透明・分割プリセットなどの設定も必要です。

ブラシパレット

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 地図作成【ブラシの使い方】

ブラシの使い方・基本編です。 イラストレーターを使った地図の作り方、第4回目です。 地図の道路や川などをブラシを使って描いてみましょう。簡単な操作で、色々な雰囲気の地図が作れますので、お勧めの機能です。 Mac イラストレーター CS3を使った、ブラシを使い方です。

名刺の地図・建物

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 地図作成【建物の描き方】

イラストレーターを使った地図の作り方、第二弾です。 地図に載せる、簡単な建物を描いてみましょう。自分で作ったり、イラストレーターに付属しているシンボル機能を利用したり、又は、素材を使ったりと、さまざまな方法があります。 Mac イラストレーター CS3を使って、地図に建物を描いてみます。

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 地図作成【道路の描き方】

イラストレーターを使って、地図を描いてみましょう。 地図は、名刺や案内状に欠かせないアイテムです。簡単な地図なら、ペンツールで直線を引く事が出来れば、作成する事ができます。 Mac イラストレーター CS3を使って、道路を描いてみます。

レイヤーパネル

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【レイヤーの管理方法】

レイヤーの管理方法、基本編です。 イラストレーターのレイヤー機能を使いこなせば、複雑なデータも効率よく作ることが出来ます。 名刺など比較的単純なデータを作る時も、レイヤー機能は、地図作成や、企業毎の統一名刺の管理などに、欠かす事が出来ない機能です。 イラストレーターでレイヤー機能を使ってみましょう。 以下、操作画面では、Mac イラストレーターCS3を使用しています。

クリッピングマスク画面

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【クリッピングマスクの設定と解除の方法】

クリッピングマスクとは、設定したパスの内側だけを表示させる方法です。 オブジェクトの一部だけを表示させる事が出来ますので、切り抜きの替わりにも使えます。 名刺のデータを作る場合、名刺サイズと同じサイズのパスを利用して、クリッピングマスクを設定すると便利です。完成品と同じ状態がプレビュー出来るので、名刺の校正を出す場合や、見た目の確認などに、よく利用します。 Mac・イラストレーターCS3を利用して、クリッピングマスクを設定してみます。

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【図形の配置方法】

図形を上手に配置するには、ガイドや整列機能を使います。 例として、イラストレーターを操って、名刺のデータを作ってみましょう。 今回は、名刺に色をつけてみます。長方形ツールとガイドを使って、思い通りに配置してみます。 以下画像のイラストレーターバージョンはCS3です。

直線ツールオプション

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustratorの使い方【線の配置方法】

イラストレーターのドキュメントに、ガイドを利用して、線を整列させて配置してみましょう。 名刺用データを作る場合に、線や図形オブジェクトを名刺サイズぎりぎりまで配置する場合は、裁ち落とし部分の外側まで、余裕を持たせて配置する必要があります。 イラストレーターCS3を使用した名刺の作り方ガイド・線の配置編です。

拡大・縮小パネル

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 名刺印刷データ【画像のサイズ変更方法】

イラストレーターファイル上にリンク形式で配置した画像のサイズを変更する方法です。 画像のサイズ変更はイラストレーター上でも可能ですが、本来は、画像が荒れたりしないようにフォトショップなど画像ソフトで修正します。特にサイズの拡大は避けた方が良いでしょう。今回は、画像の縮小方法を中心にご説明します。

イラレでの作り方

2018/7/1

Illustrator 名刺印刷データ【画像の配置方法】

フォトショップで加工した画像を、イラストレーターに配置してみましょう。 画像を配置する方法は、リンクさせる方法と埋め込む方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあります。 例として、イラストレーターCS3を使用して、名刺データにQRコードを配置してみます。

© 2021 名刺の作り方ガイド