プレビュー

Mac プレビューの使い方【画像のサイズと解像度変更方法】

2016/06/11

前回、フォトショップを使って、画像のサイズや画像解像度の変更を行いました。

フォトショップをお持ちでない方は、Mac OS-Xに付属しているアプリケーションのプレビューを使っても、同じ作業が可能です。

 以下のプレビューのバージョンは、Mac OS-X 10.6 Snow Leopardを使用してます。

画像のリサイズと解像度変更の仕方

12061101

最初に、プレビューで加工したい画像を開きます。

12061102

qr.psdを開きました。ツール/サイズを調整をクリックします。

12061103

現在の画像のサイズと解像度が表示されます。

画像の縦横比を変更したくない場合は、縦横比を固定にチェックを入れます。

12061104

解像度を変更しないで、サイズだけ変更(縮小)したい場合は、イメージを再サンプルにチェックを入れます。変更したらOKをクリックして下さい。

適切な画像解像度は、web表示用なら 72dpi。印刷用なら 300dpi〜400dpiです。

再サンプルと画像の拡大

画像解像度を保ったまま画像の拡大も操作上は可能ですが、ピクセルデータが間引きされたデータになりますので、お勧め出来ません。又、再サンプルを繰り返し行う事も、画像が荒れる原因となります。

12061105

元画像を変更して良い場合は、そのまま保存を選択しますが、別の画像形式などに変更したい場合は、別名で保存するをクリックして下さい。

ショートカットキー 【comand】+【shift】+ s

12061106

フォーマットを選択すると、保存出来る画像形式が選べます。

12061107

縦横 20mmで画像解像度 350dpiのtiff画像に変更出来ました。

プレビューでは簡単な画像の調整も可能です。

画像の調整も出来ます。

12061110

画像を開いたら、ツール/カラーを調整をクリックします。

12061111

カラーを調整ダイアログが開きます。

12061112

適当にいじってみました。

12061113

こんな感じに変更出来ました。
プレビューは簡単に使える上にサクサク動く軽いアプリなので、画像にちょこっと手を加えたいときや、ブログ用の画像調整などに便利ですね〜。

(つづく)

次のページ→Mac プレビューの使い方【画像の切り取り方法】

スポンサーリンク

[ad#ad-ms]

おすすめ記事

1

Adobe CCを安く手に入れるには? Adobe CCには、単体プランと、全てのAdobeアプリケーションが使えるコンプリートプランがあります。 公式サイトやAmazon、アカデミック通信講座版の価 ...

-プレビュー

© 2021 名刺の作り方ガイド