名刺にQRコード(二次元バーコード)を載せておくと、名刺を受け取った相手は、バーコードリーダーで読む込む事が出来るので利便性が高まります。

QRコードには、名前や電話番号、E-mailやURLなど様々な情報を載せる事が可能です。

名刺印刷向けのQRコードを作ってみましょう。イラストレーターCS3とフォトショップCS3を使用してご説明します。

QRコードの作成方法

QRコードには、さまざまな情報を載せる事が可能ですが、あまり沢山内容を詰め込みすぎると、黒い点々(セル)のサイズが小さくなってしまい、読み取りが出来にくくなる場合があります。

文字数によりますので一概には言えませんが、載せる内容は手入力が面倒なメールアドレスやホームページアドレスなど、ある程度絞り込んだほうがよさそうです。

12060278

読み取り可能な文字数は、QRコードの大きさや、読み取り補正機能のレベルによって異なります。又、バックに白い余白が必要ですし、色は黒一色をおすすめします。

読み取り補正機能

QRコードには、QRコード自体が汚れていたり破損していても、正確に読み込み出来るようにしてくれる補正機能が設定出来ます。補正出来るレベルは3〜4段階あり、補正機能が強い程、セルの量が増えます。

QRコードの仕様については、デンソーウェーブのサイトに詳しい説明があります。

QRコードを自作する際は、事前にプリントアウトして、実際に読み込みが出来るかどうかのテストを行う事を強くおすすめします。

名刺向けQRコードの作成手順

  1. QR制作サービスサイトや、アプリなどでQRコードを作ります。
  2. フォトショップを利用して、グレースケールに変換します。
  3. 適切な画像形式と解像度に変更します。
  4. イラストレーターのデータに貼付けます。

QRコードを作るには、作成用のサイトを利用するのが一番簡単ですが、無料のアプリケーションもあります。いくつかご紹介しましょう。

おすすめの作成用サイト

『QRコード』で検索すれば、無料で利用出来る制作サービスサイトは沢山出て来ます。
必要な情報を入力してから、生成されたQRコードをダウンロードする形式になります。

個人情報が漏れないように、SSL通信に対応しているサイトもあります。

又、一部の印刷通販会社は、ダウンロード自由な無料作成サービスを提供しています。

印刷通販トクプレ 画像形式はPNGです。

印刷通販グラフィック (ログインが必要です)

面白いところでは、イラストレーター用のベクトルデータでQRコードを作れるサイトもあります。

印刷用のQRコードを作る君

こちらのサイトでは、イラストレーターのEPSかPDF形式でダウンロード出来ます、QRコードはパスで出来てますから拡大縮小も自由自在です。

12060201

印刷用のQRコードを作る君で作成したQRコード。

おすすめの作成用アプリ

無料アプリの定番なら、エーワンが提供してますラベル屋さんにもQR作成機能が付いています。

mac限定で英語表記ですが、AppStoreで無料ダウンロード出来るアプリもあります。(mac os10.6以降限定)

QREncoder

12060277

使い方はかなりシンプルです、テキストタイプを選んで、Saveボタンをクリックしたら出来上がりです。

12060240

Printing Scaleは上記の通り、8くらいを選ぶと印刷向けサイズにちょうど良さげです。

QRコードを作ったら、とりあえず適当な場所に保存しましょう。次はフォトショップでグレースケールに加工します。

(つづく)

QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

次のページ→名刺印刷向け【QRコードのグレースケール変換と解像度変更方法】

スポンサーリンク