2021 photo matome

自分で撮ったお気に入りの写真を入れて、写真入り年賀状を、カンタン、キレイに作る方法をまとめました。

写真入り年賀状の作り方には、

  • 無料のアプリやソフトを利用する
  • 写真編集機能付きの有料ソフトを利用する
  • 外注して、ネットプリントに注文する

などの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットも比較していますので、どんな方法で写真入り年賀状を作ろうかとご検討中の方は、ぜひ、参考にしてみてください。



写真入り年賀状の制作に必要なもの

準備編

最低限、スマホもしくはデジカメで撮影した写真さえあれば、写真入り年賀状は作れます。

あとは、どれだけのクオリティの年賀状を作るかのレベルによって、必要な物は変わります。

作り方・カンタンな順番は?

1.ネットプリント

カンタンに作ることだけ考えるなら、ネットプリントでお気に入りのテンプレートを探して、お気に入りの写真をアップロードして印刷してもらえば、写真入り年賀状の完成です。

必要なものは写真だけですね。

とはいえ、ネットプリントで注文すると印刷料金がかかります。

メリット・デメリット

メリット

  • 高品質な写真入り年賀状が作れる
  • 自作するより手間がかからない
  • スマホからも注文できるので、スマホの写真で年賀状を作るなら一番カンタン

デメリット

  • 1枚何十円からの印刷料金が必要
  • テンプレートを利用するので、自分の好きなようにデザインすることはできない。
必要なもの

・写真のみ(jpg形式などのデジタルデータ)

詳細はこちら → 年賀状印刷で安いのはココ!【写真入りタイプ編】21社を比較

2.無料のソフト・アプリを利用

無料のアプリを使えば、写真とプリンターと年賀はがきがあれば作れますから、コスパ的には一番安く済むでしょう。プリントだけネットプリントに注文できるタイプのアプリもあります。

メリット・デメリット

メリット

  • 作る費用は、年賀はがき代とインク代だけ
  • スマホ向け、パソコン向けとアプリの種類もいろいろ豊富

デメリット

  • 写真を加工したり編集したりしたい人には向かない
  • 無料アプリには、サポート機能が無い場合が多い
必要なもの

・写真、年賀はがき、無料の年賀状アプリ、プリンター

詳細はこちら → おすすめの年賀状作成・フリーソフト

3.有料のソフト・アプリを利用

有料だけあって、各社毎年アップデートを繰り返していますから、デザインや書体(フォント)やスタンプ類も豊富に揃っています。

初心者でも分かりやすいような「初心者モード」が搭載されているアプリもあります。

メリット

  • 写真の編集加工機能は、プロ用のアプリ並みに充実している
  • サポートも充実!自分だけのオリジナル写真入り年賀状を作るなら、コレ

デメリット

  • 有料だし、毎年使うなら、毎年更新料が必要な場合も
  • 全部の機能を覚えるのは、結構時間が取られる
必要なもの

・写真、年賀はがき、有料の年賀状アプリ、プリンター

詳細はこちら → 年賀状の作成ソフト・おすすめ比較ランキング【500円OFFクーポン付】2022年版

Word(ワード)で作るならアプリは不要?

もちろん、Wordの操作に慣れている方なら、無料・有料の年賀状アプリは要らないかもしれません。

とはいえ、年賀状を作ることに特化しているアプリなら、

  • 毎年変わる干支デザインのフォローアップ・バージョンアップを受けられる
  • 充実している宛名印刷機能を使えば、宛名印刷もミスなくキレイにプリント

などのメリットがあるので、カンタン・便利さを求められるのなら、年賀状用のアプリも検討されてはいかがでしょうか。

おすすめのアプリ・ソフト

無料のアプリ・ソフトなら、郵便局のゆうびん.jpで使える、はがきデザインキットがイチオシです。

WindowsでもMacでもスマホでも使える!

(はがきデザインキットの詳細はこちら ↓)

有料ソフトなら、筆王か、筆まめがおすすめです(Windows版)

Mac向けの有料ソフトなら、宛名職人がおすすめです(ただし、画像の編集加工機能はありません)

(年賀状の自作に必要なツールの詳細はこちら↓)

20181110 2018 11 10 14 35 15



写真入り年賀状・自作用のアプリやソフト【おすすめは?】

有料タイプのソフトで、写真入り年賀状を自作するなら、筆王をおすすめします。

筆王 Ver25

筆王・できること

  • 住所録の作成・送信受信記録機能もあり
  • オリジナル年賀状の作成
  • 写真の編集や、切り抜き、フォトコラージュなど特殊な加工
  • エコ印刷

有料年賀状ソフトの中では、筆王がイチバン写真の加工機能が充実していると思います。

筆王の写真加工機能

Fudeou 020

写真の上で右クリックすれば出てくる、写真の編集機能です。

  • 型抜きツール
  • かんたん切り抜きツール
  • かんたん写真フィルタ
  • 物体消去ツール
  • おもしろ顔スタンプ
  • 編集

など、さまざまな機能が揃っています。

一部をご紹介しますと、

編集

Fudeou 002

編集では、画像のサイズや色調補正ができます。

サイズの変更

Fudeou 014

写真の大きさを変更したり、

トリミング

Fudeou 015

トリミングを使えば、写真の四隅で不要な部分をカットできます。

Fudeou 016

左右の切り取り幅を変えて、人物を中央に配置したい場合などにも使えます。

明るさ・コントラスト

Fudeou 003

写真は少し明るくするとキレイにプリント!

パソコンやスマホでの色の表現方法はRGB形式ですが、プリントするときには4色のインクを使うCMYK形式に変換されます。

変換されると、少しくすんだような暗めの色に変わってしまうので、少しだけ写真を明るくしておくとキレイにプリントできます。

トーンカーブ

Fudeou 005

筆王なら、写真用プロソフトのPhotoshopなどに搭載されているトーンカーブが使えます。

Fudeou 006

線をマウスで上下にドラッグすれば、写真の明るさや明暗の比率を自由に変更できます。

プレビュー画面を見ながら操作できますから、初めて使う方でも大丈夫ですよ。

カラーバランス

Fudeou 010

カラーバランスでCMYの数値を動かせば、セピア調写真なども自作できます。

色相・彩度

Fudeou 011

彩度や明度の変更もマウスでドラッグするだけ。

Fudeou 017

たとえ操作に失敗しても、ひとつ前の状態に戻せるボタン付きですから安心です。

かんたん写真フィルタ

Fudeou 018

いろいろと使いこなすのが面倒なときは、

色鮮やか、ふんわり、インスタントカメラ風、くっきり、、、など、ワンクリックで写真にフィルタがかけられる、かんたん写真フィルタもあります。

Fudeou 019

おもしろい顔に変えられるスタンプや、

Fudeou 021

好きな形で写真を切り抜ける、型抜きツールもあります。

Fudeou 024

マニュアルを読まなくても、ある程度は直感的な操作で年賀状が作れました。

他にも高機能満載

Fudeou 012

さらには、

  • 人物をスリムにしたり
  • 顔を小顔にしたり
  • 人物だけカンタンに切り抜いたり
  • 不要な物だけ消去したり
  • 写真を似顔絵調にしたり

など、など、

筆王なら、一回でご紹介しきれないくらいさまざまな写真加工機能が備わっています。

とはいえ、写真の編集が初めての方でも、初心者モード機能や音声ナビ、動画のガイドムービー、充実したガイドブックもありますからご安心くださいませ。

当サイト限定:筆王用の500円OFFクーポンあります!

公式サイト:500円OFFクーポン

年賀状ソフト専用クーポンコード → nenga500

使用期限:12月31日まで(お一人様1回まで使えます)

クーポンの利用方法

当サイト経由限定のクーポンコードです。
下記の公式サイトへのバナーをクリックして、お申込みください。

写真入り年賀状をプリントしてみました

ネットプリントと自作の比較

今回はいろいろなソフトやネットプリントで、年賀状を作ってみました。

宛名職人(mac用)で自作

2021 atena shokunin 13

宛名職人は、mac用の有料・年賀状ソフトです。

自宅で印刷(インクジェットプリンター)

2021 atena shokunin 41

宛名職人は宛名印刷がとてもキレイでカンタンに作れます。

(レビュー記事はこちら ↓)

筆まめで自作

テンプレートや素材数がイチバン多いのが筆まめです。

2021 fudemame 05

筆まめの画像編集機能も、

レタッチ、フォトカッター、カラーチェンジャー、フレーム加工、画像の切り抜きなど、ひととおりの機能が備わっています。

自宅で印刷(インクジェットプリンター)

2021 fudemame 01

年賀はがきにプリントしたら、こんな感じです。

(レビュー記事はこちら ↓)

筆王で自作

2021 fudeo25 51

筆王で作った年賀状です。

自宅で印刷 vs コンビニプリント

2021 fudeo25 52

筆王は今年のバージョンから、コンビニプリント(セブンイレブン)にも対応しました。

左がコンビニでプリント、右が自宅のインクジェットプリンターでプリントした年賀状です。

(レビュー記事はこちら ↓)

ネットプリントで注文

ネットプリントでの写真入り年賀状は、

  • 年賀はがきに直接印刷する方式
  • 印画紙にプリントしてから年賀はがきに貼り付ける方式

の二つのプリント方法があります。

違いを比較(ネットプリントで印刷)

2021 nenga ranking 05

左が年賀はがきに貼り付け方式で、右が年賀はがきに直接印刷方式です。

キレイなのは貼り付け方式です。プリント料金が安いのは直接印刷方式です。

どちらの方式でも、価格が安くて品質の良い、ネットプリントのネットスクウェア をおすすめしています。

(詳細記事はこちら ↓)

価格の比較

  • 無料・年賀状ソフト はがきデザインキット ‥ 無料
  • 有料・年賀状ソフト 筆まめ ‥ ソフト代・5,000円前後
  • 有料・年賀状ソフト 筆王 ‥ ソフト代・2,700円前後
  • ネットプリント ‥ プリント料金は、1枚30円前後〜150円くらい

有料ソフトなら、毎年の新しい機能の追加や、新しい干支のデザインが継続的に手に入る、自動継続版がおすすめです。公式サイト限定で購入できます。

筆まめと筆王で迷っている方向けの比較ページ → 年賀状ソフト・比較ページ

ネットプリントのプリント料金

ネットプリント各社では、早い時期に作れば作るほど、安いプリント料金で年賀状が作れる、早期割引キャンペーンを実施中です。

年末ギリギリは、年賀状の注文が非常に多く集中するそうです。大混雑するのを避けるためのキャンペーンですね。

各社ごとに異なる早期割引価格を調べて比較しているページもありますので、よかったら参考にしてみて下さい。

年賀はがき直接印刷タイプの価格比較はこちら ↓

年賀はがきに貼り付けるタイプの価格比較はこちら ↓

以上、写真入り年賀状の作り方・まとめでした。

スポンサーリンク