イラストレーターを使った地図の作り方を、図解入りで説明しています。

今回は、下絵をトレースして、なるべく正確な地図を描いてみます。

以下、macイラストレーターCS3を使用して、firefoxからダウンロードしたマップをトレースしてみます。

Google mapやYahoo地図をトレースすることは著作権的に認められていません。参照元の地図として使える地図としては、OpenStreetMapや、許諾条件に制限がありますが、地理院地図などがあります。

WEB地図の使用条件やリンク先に関しては、こちらの方の記事が参考になります▷ WEB地図ってどこまで自由に使用できるの?

トレースの準備

最初に、OpenStreetMapでトレースしたい場所の地図を表示させます。

スクリーンショット機能などを使って地図を保存します。

保存したら、イラストレーターで新規ドキュメントを開きます。

12070101

次に、下絵を配置します。ファイル/配置をクリックします。

1508242

配置ダイアログが開きますので、先程の地図を選択します。

その際、テンプレートにチェックを入れると、テンプレート用に自動的に画像の濃度が下がります。

12070103

Okをクリックします。

12070104

下絵用の地図が、テンプレートとしてイラストレーターに配置されました。
サイズや配置場所を変更したい場合は、鍵マークのチェックを、一旦外します。

12070105

下絵のサイズを変更したい時は、shiftキーを押しながらドラッグすると、縦横比を変えないで、拡大縮小が出来ます。

準備が出来たら、テンプレートに再度ロック(鍵)をかけて動かないようにします。

地図のトレース方法

12070106

地図を作る時は、川や道路、文字などをレイヤーで階層を分けて配置すると、作業がしやすいです。

参照 Illustratorの使い方【レイヤーの管理方法】

ペンツールを使って、川から描いていきます。

この地図では、川だけパスを使って、曲線を使用しています。
(他の部分は、全部直線で作りました。)
曲線を描くのは、慣れないうちは難しく感じると思いますが、数をこなせば上達出来ます。
曲線の描き方を覚えるには、以下のサイトがとても参考になります。
Webデザインレシピ・Illustrator(Photoshop) のペンツールできれいなパス、ベジェ曲線を描くためのコツ(私流)

12070107

川を描きました。次は道路です。新規レイヤーをクリックします。

12070108

ペンツールで道路を描いていきます。Illustrator 地図作成【道路の描き方】

12070109

道路の太さは、線幅で調整しました。4pt、6pt、8ptの三種類を使っています。
あまり細かい道路まで描くと、かえって分かりにくくなると思います。

12070111

次に、目印になる建物と線路を描いていきます。Illustrator 地図作成【線路の描き方】

12070110

建物の向きを変えるには、この回転矢印が出た状態で、マウスをドラッグしたら回転します。

12070112

最後に、文字を打ち込みます。文字の大きさも、ある程度統一した方が見やすいです。

12070113

下絵の『目』アイコンを外して、最終的なチェックをします。

12070114

最後に、クリッピングマスクをかけたら完成です。

クリッピングマスクをかけると、オブジェクトが一つのレイヤーにまとまってしまいますので、マスクをかける前に別名保存しておきましょう。

以上、下絵をトレースして地図を作る方法でした。

(つづく)

次のページ→Illustratorの使い方【散布ブラシの設定方法】

スポンサーリンク